今日の昼前の事・・・
母上様から電話があり、夫君が出ると
(*゚ロ゚) 「わかったすぐ行く!!!」
と、緊迫した声
な、な、何!と思ったら
母上様が具合が悪いというΣ(゚д゚|||)

ぎゃ~たいへんだ!!!

徒歩10分のところに住んでいるので、
すぐに二人で駆けつけた。

母上様はベッドに横たわり
背中~腰の横の方をさすって
痛くてたまらないと言う。
おまけに吐き気、昨日からめまい・・・

母上様は87歳というご高齢なので
ちょっとの体調の変化が大きい病気につながる事も。
けれど、病院関係の事情に詳しい夫君、
「腎臓の辺りだね、」って
意識がはっきりしている母上様の様子を見て
救急相談センターに電話しました。

最近は、いきなり救急車は呼ばないんですね。

そこで状態を聞いてもらってから
救急車が必要かどうかを判断してもらうのだそうです。

結局、痛みがつらそうな上に、
ご高齢な事が一番心配なので
救急車を呼ぶ事になり、
・・・と言っても自宅の目の前が消防署なんですけどね(笑)
そこから行きますと言われ5分で救急隊到着!
すぐにかかりつけの病院に運んで頂きました。

すぐに検査をしてもらうと、どうやら「尿道結石」
痛がっていたほうの腎臓の尿道がつまりかけているとの事。
専門の先生が今日はいないため
応急処置として痛みをとる点滴をしてもらい
薬が効いてきたら楽になったようで、ほっと一安心。

はあ~

ほんとうに一安心しました。

また明日来るからね、と言って病室を出ようとすると
私を呼びとめ『新しいミシンがあるから使って』と言う
「へ?ミシン? (なぜに今ミシンの話し?)」かと思ったら
薬で痛みが治まったので、
私に会った時に言うつもりだった事を思い出したのでしょう。
先日古いミシンをメンテナンスに出してあげたら
殆ど悪いところもなく調子が良くなったので
もう一台買ってあった新しいミシンを
私がお教室をやるときに使ってね、と言う事のようだ。

その母上様の話しで、緊迫していた糸が緩み
一同「苦笑 (笑)」
よかった、母上様重病じゃなさそうだ。

月曜日に専門の先生が診て
何とおっしゃるかわかりませんが
完全に詰まってるわけではないので
手術にはならないで済むといいなあ。。。

あの年齢で手術はさせたくないですからねえ。

お盆で親戚が集まる予定もしていたので
ちょっとドッキリドキドキでした。

亡義父様、お墓におひとりでさびしくても
急にお迎えに来ないでくださいね。
毎日どたばたしていて
まだ何もご恩返しが出来ていませんから。。。。。

月曜日に、一緒に帰ってこられますように
孫っちもお見舞いに行きたいな・・・って心配していました。

母上様、今夜はゆっくり眠っていますように。






スポンサーサイト
2017.08.13 Sun l 独り言 l コメント (0) l top

コメント

コメントの投稿